ローソク足が「コマ」と「カラカサ」の形状になったら取引チャンス

FXでチャートを分析しながら取引しているのに、あまり勝てないと悩んでいる人も多いと思います。

「ずっと間違った分析方法をしていたかも…?」
「ローソク足の分析の仕方がよくわからない…。」

と不安の人もいるはず。

理解度が低いまま取引を続けていても、勝率は高まりませんよね。

そこで今回は、ローソク足の「コマ」と「カラカサ」に焦点を当ててチャートパターンや売買サインの基本をわかりやすくまとめました。

この記事さえ読めば、相場の反転ポイントがわかって慌てずに取引できるようになりますので、ぜひ参考にしてください。

「コマ」「カラカサ」とは?形状は?

ローソク足の形状を表す用語はいくつかありますが、ぜひ覚えておいて欲しいのが「コマ」「カラカサ」の2つです。

【コマ】とは

上下にヒゲのついているローソク足のこと。

見た目がおもちゃの「独楽」に似ていることが由来。

【カラカサ】とは

胴体の下にヒゲのあるローソク足のこと。

ヒゲの長さが胴体の2倍~3倍くらいの長さだとカラカサと呼ばれることが多い。

名前の由来は「唐傘」に似ているので。

カラカサには終値が高値の「下影陽線」と始値が高値の「下影陰線」の2つがある。

コマとカラカサの見方・意味を理解しよう

まずはコマとカラカサの意味から理解していきましょう。

理解できるようになれば自然とFXへの応用も利くようになってくると思います。

コマの見方・意味

まず、コマは始値と終値がほぼ同じの状態を表しています。

最終的に値動きがほとんどなかった場合、コマが表示されているわけです。

これはトレーダーから見ると「市場の動向が分かりづらい」状態ですよね。

ですが、高値圏、底値圏でコマが出現している状況だと話が変わってきます。

これは売り尽くした、あるいは買い尽くしたサインになります。

となると、当然相場のトレンドが転換する可能性が高まるのでチャンスと捉えます。

カラカサの見方・意味

カラカサはコマとは逆に「一度に大量の売りが出たために、買い注文が殺到している状況」を表しています。

特に重要なポイントは「底値圏でのカラカサ」です。

こういったタイミングでカラカサが出現した場合、一気に上昇トレンドに向かっていくと予想できます。

ただし一方で、高値圏でカラカサが見受けられる場合は買い注文に停滞が起こっているサインになります。

そこから急激に下落する可能性はあるので、不用意に飛びつかないように注意したいところです。

実際、こういったトレーダーが多いことから「首つり線」という呼び名もあるくらいですから。

首吊り線とは

首吊り線の形状は胴体(実体)部分が短く、長い下ヒゲの付いたローソク足です。

下図のように最初は買い意欲が強く窓を開けて上昇したものの利食い売りが押し寄せて、大きく下押した後、買い遅れていたトレーダーの押し目買いが一斉に入り、値を戻した状態です。

下ヒゲが実体部分の3倍以上あるものが首吊り線と呼ばれます。

ポイント
一概にカラカサが出現したからと言って、買いサインというわけではなく、底値圏か高値圏のどちらで出現しているのかを見分ける必要があります。

高値圏でカラカサが表れた時に、

「カラカサがあるから上昇トレンドが起こるぞ!」

という間違った判断を下してはなりません。

高値圏でカラカサが出現したら売りサインなのです。

コマとカラカサを用いる際の注意点

FXではトレンドの転換点を見極めることが重要。

なので底値圏、高値圏でコマやカラカサが頻繁に表示されている場合はトレンドの転換点が出てくる可能性が高い、と判断できるでしょう。

注意点としては上記のように、カラカサの「首つり線」に引っかからないようにすることです。

また、あくまでも基本的なテクニカル分析のひとつですので、コマとカラカサだけに頼るのは少々心もとないです。

カラカサが出ているからといって上昇トレンドが起こるとは限りません。

あくまでもトレンド転換点の目安のひとつとして捉え、他のテクニカル分析と組み合わせることで能力を発揮するタイプの分析手法だということを覚えておきましょう。

まとめ

コマとカラカサについての理解度は上がりましたか?

どのタイミングでコマとカラカサが出現したらトレンド転換のサインになるのかわかったと思います。

再度、コマとカラカサをチャート分析に使うメリットを復習すると、

  • 高値圏でコマが出現→買い尽くし→下落サイン
  • 安値圏でコマが出現→売り尽くし→上昇サイン
  • 高値圏でカラカサが出現→買い注文に陰り→下落サイン
  • 安値圏でカラカサが出現→売り注文に陰り→上昇サイン

というサインがわかるようになります。

「トレンド転換を知りたい」
「相場の反転ポイントを瞬時に判断したい」

そういう人は、ぜひこの記事内容を理解して自分の得意の売買パターンの一つにしてみてください。

03 2月 2022

関連記事

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!