• ダブルトップ・ダブルボトムは天井圏&底値圏で頻繁に見られるチャートパターン【バイナリーオプションの相場分析方法】
ダブルトップとダブルボトムをバイナリーオプション取引に活用する

ダブルトップ・ダブルボトムは天井圏&底値圏で頻繁に見られるチャートパターン【バイナリーオプションの相場分析方法】

チャートパターンには「定番」と呼べる形がいくつかあります。

バイナリーオプションでの相場分析方法の中で信頼度が高く、頻繁に見かける機会が多いダブルトップとダブルボトム。

これらを理解しておくことでトレンド転換点の見極めに使えるのでマスターしておきたいところです。

日本語では毛抜き天井とも言われています。

こちらはチャートパターンを見ていると天井での値動きとしてよく見られるものです。

今回は定番チャートパターンの1つである「ダブルトップ、ダブルボトム」について紹介していきます。

ダブルトップとダブルボトムとは

ダブルトップとは

ダブルトップは相場の高値圏で見られるチャートパターンです。

「2つの山」「1つの谷」で構成されています。

↓ダブルトップのイメージ図
ダブルトップのイメージ図

見た目がアルファベットの「M」を描いているように見えるハズです。

2つの高値がほぼ同じ値、あるいは2つ目の山の方が低い場合は上昇基調の変化を意味することが多く、売買サインを見極めるのに重要なシグナルになるので覚えておきましょう。

2つのトップがあるのでダブルトップという名称がつけられました。

ダブルトップのネックラインをチェック

ダブルトップを使用する場合、ネックラインを基準にして売買サインを確認していきます。

ネックラインとは安値を表す谷から直線を引き、その線を下回った時に売りサインを出す、バイナリーオプションの場合はLOWを出すことになります。

ダブルボトムとは

ダブルボトムはダブルトップの逆バージョンです。

相場が底値圏にある時「1つの山」「2つの谷」で構成されます。

↓ダブルボトムのイメージ図
ダブルボトムのイメージ図

ダブルボトムのネックラインも注意深く観察する

ダブルトップを普段から意識してチャートを読むようにするとついつい見落としがちになるのが「ダブルボトム」です。

ダブルボトムとはダブルトップと全く逆のものだと思ってください。

底値圏で頻繁に出現するチャートパターンで、2つの谷と1つの山から構成されています。

ダブルトップと同様にネックラインを基にして買いサインを見極めていきます。

ダブルトップやダブルボトムはトレンドの転換期を表しているので売買サインを見極めやすく、とても有利なバイナリーオプション分析方法のひとつなのですが、ヘッド・アンド・ショルダーに移行する場合も珍しくなく、必ずしも的中するものではありません。

→参考:ヘッド・アンド・ショルダーでチャートパターンとブレイク、ターゲットがわかる

総合的な判断力が求められるのでこれ単体だけで判断するのではなく他の分析方法と組み合わせるのがおすすめです。

ダブルトップの見方とは?バイナリーオプションへの応用方法

「ダブルトップ=レートのピーク」と判断できます。

1つ目の山で高値がついたのですが、調整売りが入ることで一旦下がります。

しかしその後もう一度上昇トレンドが起こって高値が出ているわけですので、これをレートのピークと判断するわけですね。

もしダブルトップの2つ目の山が1つ目の山を越えることができなかった場合は「買い」の勢いが弱まっていることになります。

となると、これまで起こっていた上昇トレンドが下落トレンドに転換する可能性が高いです。

1つ目の谷と2つ目の山の次に起こった谷を結んだ線(ネックライン)を下回り下方ブレイクした場合、トレンド転換点が起こる可能性がさらに高まります。

ネックラインのブレイク

なおダブルボトムはこれとは反対の意味を持ってきます。

売りの勢いが強まっている底値圏でダブルボトムが見られる場合、これから上昇トレンドに移行することが予想されます。

なので、レートが天井付近、あるいは底値付近にある場合は「ダブルトップ、もしくはダブルボトム」が見られないか注意深く観察してみましょう。

もし見つけられたら、トレンド転換点の前ぶれです。

トレンド転換点の兆候がつかめれば、当然バイナリーオプションに繋げられますよね。

ダブルトップが見られるときは「Low」でダブルダウンが見られるときは「High」のチャンスです。

ダブルトップ、ダブルボトムの注意点

バイナリーオプションのエントリーチャンスとしてダブルトップとダブルボトムを見極めることは大切です。

正しいこれらは必ずしも転換を示唆するチャートパターンになる、とは言い切れません。

正直なところ、比較的ダブルトップ、ダブルボトムは頻繁に起こります。

毎日チャートを眺めている方なら結構な頻度で見かけるでしょう。

「ダブルトップだ!」と見つけた瞬間エントリーしてしまうようだと少し危ないかもしれませんね。

ダブルトップ、ダブルボトムは強いトレンドが出ているときほど表れやすいものです。

「強いトレンドがある=いつトレンド転換点が起こってもおかしくない」という考え方から有効な手段だと周知されているんです。

この背景を理解していないで闇雲にエントリーしているようだと負けが込んでしまうかもしれません。

まとめ

今回はダブルトップとダブルボトムのチャート形状やその見方、バイナリーオプション取引への応用方法について紹介しました。

ともにネックラインをブレイクするかを注意深く見る必要があるというのがわかりましたね。

「実践に最適なチャート分析方法を知りたい」
「ダブルトップとダブルボトムはバイナリーオプションに使えるの?」

という方は、ぜひこの記事を参考に実際のトレードに活用してみてくださいね。

チャートツールを提供しているバイナリーオプション業者を管理者目線で紹介

将来の為替相場の動きを予測するならチャート分析は必要不可欠ですよね。
ここでは優れたチャートツールを提供しているバイナリーオプション業者に絞って紹介します。

  1. チャート単体のツールがある。
  2. テクニカル指標が数多く搭載されている。
  3. マニアックな上級者向けの指標も搭載

という3つの条件を満たしている業者を紹介していくのでご参考下さい。

口座を複数に分けず、一つの口座で取引とチャート分析をしたいという人におすすめです。

軽快な操作性で選ぶなら!! GMOクリック証券『外為オプション』

外為オプション

GMOクリック証券が提供している超絶使いやすいチャートツールが「プラチナチャートプラス」です。

多彩なテクニカル指標、サクサク動く操作性、見やすいデザインが三位一体になった高機能チャートツールです。

もちろん口座を持っている人なら無料で使用可能です。

搭載テクニカル指標は38種類、描画オブジェクトも25種類もあり、多種多様な分析手法に柔軟に対応してくれ、誰にでも操作しやすく、尚かつ高度なチャート分析ができるのがポイントです。

詳細ページへ行く
公式サイトへ行く

マニアックなテクニカル指標を駆使したいなら!! ヒロセ通商『LION BO』

ヒロセ通商・LIONBO

トレーダーの要望に常に耳を傾け、日々取引ツールを改良してきたヒロセ通商。

そんなヒロセ通商が提供しているチャートツールが「LION FXチャート」です。

トレード上級者から要望の多かったスパンモデルとスーパーボリンジャーを搭載しているのが特徴です。

これらの指標は他社のチャートツールにはあまり搭載されていません。

他の人があまり使っていないテクニカル指標を試してみたいという方にはおすすめです。

詳細ページへ行く
公式サイトへ行く

著者情報
投資歴10年。日本株・米国株投資、FX、仮想通貨、不動産、インデックスファンド、なんでも手広く投資中。普段はコツコツ、鉄火場や期待値の高い相場の時だけ大きく張るの…

RELATED