• スーパーボリンジャーの見方・使い方とは?最適な取引タイミングを見極められる指標【バイナリーオプション必勝法】
スーパーボリンジャーをバイナリーオプションで活用する方法

ボリンジャーバンドと一目均衡表の遅行スパンを同時表示する指標「スーパーボリンジャー」の使い方を徹底解説

スーパーボリンジャーはあまり聞き慣れないテクニカル指標ですが、

「スーパーボリンジャーってテクニカル指標として優秀って聞いたけど…」
「そもそもスーパーボリンジャーって何?」

といった人も多くいるはずでしょう。

そこで今回は、

  • スーパーボリンジャーの見方や使い方
  • バイナリーオプションに応用する方法
  • スーパーボリンジャーの注意点
  • スーパーボリンジャーのチャートパターン

について詳しく紹介していきます。

この記事を読めば、スーパーボリンジャーがバイナリーオプション取引に役立つかどうかがわかるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

スーパーボリンジャーとは

FXはもちろん、バイナリーオプションでも定番のテクニカル指標のひとつに「スーパーボリンジャー」があります。

これは元FXディーラーの「柾木利彦氏」が考案したテクニカル指標で、今では多くのトレーダーが活用しています。

スーパーボリンジャーはボリンジャーバンド、そして一目均衡表の遅行スパンを重ねて表示させている割とシンプルなインジケータになります。

両方の特徴が上手く組み合わさり、より高度なトレンドの分析を実現します。

実はこのスーパーボリンジャー、非常に高性能で使い勝手が良いとトレーダーの間で話題になっています。

実際にプロの投資家も利用しているそうです。

スーパーボリンジャーの見方や使い方

スーパーボリンジャーを表示させると、チャート上にいくつかの線が表示されると思います。

線の動きは移動平均線を囲むように、6本表示されているはずです。

それぞれがボリンジャーバンドの±1σ、±2σ、±3σに該当します。

そして補助線として一目均衡表の「遅行スパン」も表示されているでしょう。

上昇トレンドの見方

上昇トレンド時はセンターラインが右肩上がりに描画されています。

下降トレンドの見方

下落トレンド時はセンターラインが右肩下がりに描画されています。

【メモ】
ボリンジャーバンドの幅の拡大傾向に注目すれば、トレンドがどれくらい続くのかが見極められます。

トレンド転換点の見方

次に注目したいのがローソク足とラインの関係性です。

ローソク足の終値が±3σのラインを超えたタイミングが「トレンド転換」のサインとなります。

そしてもうひとつ、遅行スパンとローソク足の関係も併せて確認しておきます。

遅行スパンを描画する線がローソク足の下にあったのに、ローソク足の上に移動した場合は上昇トレンドへの転換点。

逆に上にあった遅行スパンがローソク足の下に移動した場合は下落トレンドの転換点と判断できます。

このように、スーパーボリンジャーではボリンジャーバンドと一目均衡表の遅行スパンの2つの要素からトレンド転換点を判断できるのがメリットです。

どうしてもひとつだけのチャートだとシグナルを見極める材料に乏しい印象があります。

ですがスーパーボリンジャーならふたつの判断基準から売買シグナルを見極められるのでより信頼できる、と言えますね。

スーパーボリンジャーをバイナリーオプションに応用する方法

バイナリーオークションは短期決戦のための取引手法です。

短い期間だと正確な予測を立てるのが難しいので、いかにランダムな要素を確実なものに変えられるかが鍵となってきます。

熟練したトレーダーでも正確な予想は難しいものです。

そのヒントのひとつとしてスパボリンジャーを取り入れてみましょう。

取り入れ方としては上記した通りなのですが、やはり「トレンド転換点」をいかにして判断するかが重要なポイントとなります。

スーパーボリンジャーをしっかりと見極めて、相場のトレンド反転タイミングを伺うのが基本。強気に勝負できると判断できそうな時期を待つことになるでしょう。

スーパーボリンジャーの注意点

トレンド判定のタイミングを見極めるのに最適なテクニカル指標ですが、万能とは言いがたい部分もあります。

というのが、反転したトレンドがどれくらい持続するかまでは予想できないからです。

もちろんバンドの幅である程度は予想できますが…。

なので、バンド幅が狭い場合は注意深く判断していく必要があるでしょう。

スーパーボリンジャーのチャートパターン

スーパーボリンジャーで見かけるチャートパターンはある程度決まっています。

もちろん必ずしも同じ動きをするとは限りませんが、知っていた方が有利なのは間違いありません。

ということで今回はぜひ覚えておいて欲しいスーパーボリンジャーの定番チャートパターンをいくつか紹介します。

1. スクイーズ

スクイーズは横ばいに推移している状態です。

バンド幅がとても狭く、どちらのトレンドに転がってもおかしくない状態、と言えるでしょう。

少し注意しておいたほうが良いかもしれません。

2. エクスパンション

バンド幅がとても大きく広がり、トレンドが強く出ている傾向が強い状態です。

3. スクイーズ→エクスパンション

スーパーボリンジャーで一番嬉しいパターンだといえます。

明確に上昇、もしくは下落トレンドが出ている証拠なので、順張りで勝負しやすいタイミングですね。

4. エクスパンション→スクイーズ

順張りするにはリスクがあるパターンといえそうです。

かと言って逆張りのチャンスがあるかというと少し心もとない印象。

手堅く勝負できる時期ではない、と判断するのが賢明かもしれません。

予想が難しいときは一時的に側から離れて様子を見てみるのも重要なテクニックです。

スーパーボリンジャーはチャートパターンを覚えることも大切ですが、常に遅行スパンの動きもセットで確認することでよりトレンドの変化に敏感になれます。

ボリンジャーのパターンだけでなく、遅行スパンのパターンも併せて経験していくことが上達への近道です。

チャートツールを提供しているバイナリーオプション業者を管理者目線で紹介

将来の為替相場の動きを予測するならチャート分析は必要不可欠ですよね。
ここでは優れたチャートツールを提供しているバイナリーオプション業者に絞って紹介します。

  1. チャート単体のツールがある。
  2. テクニカル指標が数多く搭載されている。
  3. マニアックな上級者向けの指標も搭載

という3つの条件を満たしている業者を紹介していくのでご参考下さい。

口座を複数に分けず、一つの口座で取引とチャート分析をしたいという人におすすめです。

軽快な操作性で選ぶなら!! GMOクリック証券『外為オプション』

外為オプション

GMOクリック証券が提供している超絶使いやすいチャートツールが「プラチナチャートプラス」です。

多彩なテクニカル指標、サクサク動く操作性、見やすいデザインが三位一体になった高機能チャートツールです。

もちろん口座を持っている人なら無料で使用可能です。

搭載テクニカル指標は38種類、描画オブジェクトも25種類もあり、多種多様な分析手法に柔軟に対応してくれ、誰にでも操作しやすく、尚かつ高度なチャート分析ができるのがポイントです。

詳細ページへ行く
公式サイトへ行く

マニアックなテクニカル指標を駆使したいなら!! ヒロセ通商『LION BO』

ヒロセ通商・LIONBO

トレーダーの要望に常に耳を傾け、日々取引ツールを改良してきたヒロセ通商。

そんなヒロセ通商が提供しているチャートツールが「LION FXチャート」です。

トレード上級者から要望の多かったスパンモデルとスーパーボリンジャーを搭載しているのが特徴です。

これらの指標は他社のチャートツールにはあまり搭載されていません。

他の人があまり使っていないテクニカル指標を試してみたいという方にはおすすめです。

詳細ページへ行く
公式サイトへ行く

まとめ

以上スーパーボリンジャーの使い方や相場分析方法について紹介しました。

「スーパーボリンジャーの見方や使い方を知りたい」
「いろいろなテクニカル指標の特性を理解したい」

といった人は、バイナリーオプション取引の売買サインを見極める方法の一つとして「スーパーボリンジャー」を使ってみてくださいね。

著者情報
投資歴10年。日本株・米国株投資、FX、仮想通貨、不動産、インデックスファンド、なんでも手広く投資中。普段はコツコツ、鉄火場や期待値の高い相場の時だけ大きく張るの…

RELATED