TTMとは? -用語集

TTMとは、日本語では公表仲値や電信仲値相場、もしくは仲値呼ばれ、Telegraphic Transfer Middle rateの略です。銀行が顧客に対して10万ドル未満の外国為替取引をする際の基準レートとして定めています。金融機関の毎営業日午前10時に発表されています。TTMは大きな為替変動がない限り、その日1日の間適用されることになります。

20 10月 2015

関連記事

  • ダンピングとは? -用語集

    ダンピングとは、海外市場でのシェアを拡大するために正常な価格よりも安値で輸出するなど、市場に攻勢をかけることをいいます。特に公正な競争を妨げるほど不当に安い価格で販売することをいいますので、相手の許容範囲を超えれば深刻な … [続きを読む]

  • トレジャリーとは? -用語集

    トレジャリーとは、米国の国債(米国財務省証券)のことをいいます。期限1年以内のトレジャリー・ビル、期限2年以上10年以内のトレジャリー・ノート、10年超のトレジャリー・ボンドなどの種類があります。 米国国債は、世界最大の … [続きを読む]

  • トレール注文とは? -用語集

    トレール注文とは、為替相場の値動きに応じて逆指値価格(損切り)を引き上げたり、引き下げたりする手法のことで、トレーリングストップとも呼ばれます。この手法はレートが動くたびに一定の幅で逆指値価格を自動で修正していくため、ト … [続きを読む]

  • ディーラーとは? -用語集

    ディーラーとは、外国為替市場で、金融機関などにおいて実際に取引をしている人たちのことです。与えられた限度額を使って、自身の相場観と責任で収益を上げるために、株式や債券、為替、コモディティなどを売買取引します。 銀行などの … [続きを読む]

  • ディスカウントとは? -用語集

    ディスカウントとは、先物レートが直物レートよりも割安になることをいいます。(⇔プレミアム) また、一般的にはある商品が正規価格よりも割引された価格で取り引きされていることを指す言葉なので、金融商品でも同様に基準となる市場 … [続きを読む]

  • FX人気会社

    ループイフダンで楽々自動注文

    コツコツ型の自動売買システム

    通常口座からシストレ口座まで

    ↑セントラル短資FX↑

    トラッキングトレードが凄い!!

    FXブロードネットで半永久に自動発注!!